千葉大学に家庭教師を直接依頼する方法

MENU

千葉大学に家庭教師を直接依頼する方法

千葉大学に直接家庭教師を依頼する方法http://www.univcoop.jp/chiba-u/news_2/news_detail_1220.html

 

窓口
家庭教師の斡旋は千葉大学生活協同組合が窓口となって行っています。
学生は家庭教師申込みによって紹介を待ち、家庭教師を募集する側は直接か、郵送とFXによって希望の学生を選ぶことが出来ます。
大学生協は紹介までで、アルバイト希望の学生を紹介し保護者と面談の上、時間帯や家庭教師料などは直接、学生と行う事になっています。
学生が家庭教師になるには、大学生協の組合員に成っていなければなりません。
多くの学生は入学と同時に組合員の資格を取得し、学内の大学生協の組合員になって店舗の利用やフードコートと呼ばれる食堂を利用することなどが出来ます。
大学生協の店や購買では、書籍の割引、CD・DVDや文房具、文房具・パソコンをはじめ、キャンパスライフ必需品を取り揃えています。
地方などから千葉大学に入学し、ほとんどの学生はアルバイトをしています。
そのアルバイトの斡旋や学生の学生ライフを快適に過ごすために大学生協は存在します。
千葉大学生活協同組合は全国大学生活協同組合連合会の下部組織で、COOPでおなじみの日本生活協同組合と関連する組織です。
大学生協は全国組織で、多くの大学生協は世界で唯一認められている学生身分証明書の発行もしており、ユネスコ 、その他政府機関や機構団体にも推奨されていて、日本の学生証に代り世界各国で通用します。

 

千葉大生の特徴
千葉大学の学生は、個人の個性を生かす授業のやり方が多く、1年生から自由な時間が有って、自主的に学ぶ事やアルバイトをすること等、やりたいことを与える大学です。
偏差値も概ね各学部とも60以上で家庭教師のアルバイト希望者は部活やサークルなどと共に多いようです。
学生は学力レベルも比較的高く、低学年の家庭教師には最適と考えられます。
小学生対象 1500円〜2000円、中学生対象 2000円〜2500円、高校生・一般対象 2500円〜3000円位の時給プラスアルファで、家庭教師を受けたい保護者と面接し、可否を決める方法を取っていますが、本職の法人化された家庭教師会社よりはレベルが落ちるため、小学生や中学生の学力向上のためには効果的と思われます。
医学部や理工系の生徒は1年生から研究などで家庭教師のアルバイトには数が少なく、派遣されるアルバイト家庭教師は教育学部等が多いようです。
家庭教師をしたい学生は、真面目な学生が多く保護者には安心できるようで、人気も有るようです。
地域とのかかわり
千葉大学は、ひとり暮らしを始める新入生のために、住まいの紹介や新生活用品の購入、アルバイトの斡旋体制もアドバイスしながら行っていて、地域に貢献することなどを考えていて、コミュニケーション的には優れた大学です。
千葉大の学生の多くは、勉強も大切ながら部活やアルバイトなど、今しか出来ない事を大切にしている印象が有ります。
おそらく家庭教師でも、単に教えるばかりでは無く、教えることも勉強と考える学生が多いと思われ、自主性に長けた勉強を教えてくれるはずです。
英会話などの家庭教師をお願いするのは良いかもしれません。
千葉大学では英語学習サークルが有り、英語力を身につけたいと願う学生をサポートするために外国語コミュニケーション活動も推進しています。
英会話の得意な学生もたくさん在籍していますから、英会話や英語学習の家庭教師にも向いていると思えます。
学生同士の連帯意識は強く、試験勉強や実習も、みんなで手分けしてやるという感じで、アルバイトでも、協力し合うことも有るかもしれません。